ギター弾き'河野文彦'の活動日記


by fumiclub

色々な準備の日

今日はアコーディオンの佐々木さんからお誘いいただいた、
ジプシー音楽ユニットの初リハでした。

佐々木さんと、バイオリンのカジカさんと僕の三人で、
選曲はほとんど東欧系やクレズマーというマニアックなユニットです。
普段やっているジプシースイングとはかなり異なる雰囲気ですが、
独特の音階やコード展開など、新鮮でとても楽しかったです。

初回から10曲以上あわせてお腹いっぱいでした。

まだいつお披露目かは決まっていませんが、
これからが楽しみです。


そしてその後はMs.Charleston Vo.のMegさんと河野家にて
今後の計画の打ち合わせ。

しかし…自宅に招き入れて部屋の電気をつけた瞬間、
机の上を黒い影が……出ちゃったんです、ゴッキーさん。

常備してあるスプレーで瞬殺するも、そこには気まずい空気が…
用意した椅子に座ったまま、彼女は床に足をつけてくれません。
なぜかMegさんが来ると出るんですよねえ。

Megさんいわく「フミ君の家来たときの遭遇率、90%以上だよ」
確かに過去にデモ録りのために招いたときも数回同じことがありましたっけ。
普段は非常にクリーンでクリエイティブな空間のつもりなのですが…

気を取り直して、今後のレコーディングなどについて、
密度の濃い時間を過ごし解散。
新たにピアノで手伝ってくれる人が見つかり、
アレンジを改めてディスカッションしました。


そういえばPick&Lipsで河野が作った新曲を先日のマルイで初披露しました。
ピクリプでやるために書き下ろしたので、イメージしたものとピタリと重なったときは嬉しかったですね。
あとは人に言っても恥ずかしくないタイトルを考えれば完璧です♪


↓クリーンでクリエイティブな(つもりの)音楽室
f0040680_0481455.jpg
[PR]
by fumiclub | 2006-08-26 00:42