ギター弾き'河野文彦'の活動日記


by fumiclub

楽しい一日

今月は割と落ち着いたスケジュールで、潜伏期間や練習期間といった日々ですが、昨日土曜日はとても充実した一日になりました。

昼間は新宿の銅羅で、「新宿アコギの会」での演奏です。
こちらのお店は普通の居酒屋なのですが、土日祝日の昼間に、トラディショナル・ジャズの演奏がチャージ無しで楽しめる、その筋では知る人ぞ知るお店です。

今回のメンバーは、この会の音楽監督役の大ベテラン阿部寛さんと、幹事の
宮堂二郎さん、ベースの小林真人さんと僕の4人でした。

春と秋のジャズ祭りのときはもっとギターが多く、メロディーやハーモニーなど、パート分けをする必要があるのですが、今回は4人ということで割りとセッション感覚で自由に演奏しました。

おおまかな曲目は…

世界は日の出を待っている
La Mer
Sentimental Journey
Wabash Blues
Body&Soul
All I Do Is Dream Of You
Louise
Wheels
Sweet Sue
Stars Fell On Alabama
I Got Ryhthm

初めて演奏する曲も多かったですが、伸び伸びと楽しく演奏できました。
2月にある新宿ジャズ祭りでは総勢8人のギタリストが集まる予定です!

その後仕事の都合で先に出てしまった宮堂さん以外の三人で、お疲れ会&新年会。もちろんそのまま居酒屋として開店した銅鑼でです。
先輩方の貴重な話を色々聞けて楽しいひと時を過ごしました。


楽しさのあまり予想外に大量のビールを飲んだ後に向かったのは、おなじみ
池袋BLUE DRAG。
ジプシー・ユニット「Swing Beaucoup(通称スイボク)」と、カナダから単身来日したギタリストDennisChang氏のライブです。

お店に着いたらもう店内は満席で、その後も続々とお客さんが入ってきます。
早くもすごい熱気の中、まずはスイボクのステージがスタート。
演奏するのはほとんどオリジナル曲で、このジャンルにまた楽しみなバンドが増えたと思いました。

休憩の後は、Dennisのステージ。周りからの推薦で、いきなり僕もサイドギターを勤めることに。もう一人ギターの富岡さんと、バイオリンの北床さんの4人でスタートしました。

こちらも当然セッション感覚で、ジプシー・ジャズ大会、といった感じです。
一通り演奏した後は、会場にたくさんいたミュージシャンが入り乱れてのセッションタイムです。

Dennis氏はマカフェリギターにピックアプマイクを付けたエレキ仕様で高速フレーズをバリバリ決めて、すごいなーと思っていたら、なんと僕と同い年!
彼は毎年フランス・サモアのジャンゴ・フェスに行ってるとのことで、今年会えるといいなーなんて思っています。

ということで、一日中ガンガンにギター弾いて、今のところ今年で一番楽しい一日でした!
[PR]
by fumiclub | 2007-01-15 00:07