ギター弾き'河野文彦'の活動日記


by fumiclub

<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

師走を迎えるにあたり

今日はパークハイアットでクラリネットの小嶋さんと共演でした。
前回ご一緒のときから、僕が持参している、手作りのJazz曲コードブックの中から選んで演奏しています。気になる(?)選曲は…

1st set
Pennies From Heaven
Ain't Misbehavin
In A Sentimental Mood
Softly As In A Morning Sunrise
Tenderly

2nd set
Someday Sweet Heart
Indiana
Djangology
Chez Jaquet
Poor Butterfly

3rd set
Perdido
Basin St. Blues
Manhattan
Tennessee Waltz
Moonglow

名曲揃いで、曲目見てるだけでウキウキしてきます。
But、うーん、半分は楽譜かコード譜が無いと演奏できないんですね。
知ってて当然の曲を覚えていないのは致命的です。
そんなわけで、やったことない曲や、やりなれていない曲をどんどん演奏して自分のものにしていこうと思い、コードブック持参で小嶋さんにお付き合いいただいた次第です。
家でやっててもなかなか覚えられないので…


話は変わりますが、この一年で、「ここぞ!という時に恥ずかしくない楽器を」との思いでそこそこのギターを3本買いまして(内二本はこちらのblogにも登場していますよね)、当然現金なかったので、借金して買いましたが、先日、めでたくすべて返済しました!年内にはすっきりしておきたかったので、かなり嬉しいです。もう稼いだお金は全部自分のものだ!と、開放感でCDやDVDを色々買ってしまいました。

最後に買ったジミー・ロゼンバーグ・モデルでまだお腹いっぱいな状態なので、ギター欲しい欲しい病に関しては、しばらくはおさまりそうです。

意味の無い台所事情の告白になりましたが、師走も坊さん以上に走り続けます!
[PR]
by fumiclub | 2006-11-29 01:31

リニューアルオープン

今日は昼間の演奏後、パークハイアットに直行して、Gt.諏訪光風さんとデュオで演奏してきました。久々の共演でしたが、ギター同士遊び放題といった感じでエンジョイしてきました。


さてさてこの度、Ms.Charleston&herRobinHoodBoysのHPがリニューアルオープンしました。

http://www.geocities.jp/charlestonrobinhood/

最新のニュースなどをアップしていく予定です。是非チェックしてみて下さい♪


さてさて先日ライブのお知らせのため、久々に手紙を書きました。

簡単な字もとっさに出てこなくてショック!携帯で調べながら書き上げました。

しかしながら手書きの文章は気持ちをこめられる気がして良いですね。

DM希望の方は、郵送先教えていただければお送りいたします!
[PR]
by fumiclub | 2006-11-21 23:37

12月のライブ

なぜだか、ここ2週間で、電車に乗る時に切符を失くすということが3回ありました。どうしたんだろう、自分って感じでなんかへこみますね。毎回駅員さんは「じゃあ今回はそのまま出ていただいて結構ですよ」といってくれますが。


気を取り直して、師走、December、12月のライブ告知をさせていただきます!3連発!!

 12/14(木)池袋BLUE DRAG  ’La Belle Epoque’ special version

    accordion :スペシャルゲスト , guitar : 河野文彦

    start 19:30予定  charge ¥1500 + 1drink

BLUE DRAG HP : http://www.geocities.jp/bluedrag_jp/

毎月第二木曜日、アコーディオニストの安西創さんとレギュラー演奏しているこのライブ&セッション企画ですが、都合により今回お休みの安西さんの計らいで実現した スペシャルゲストさん(都合により名前出せません…)とのデュオ・バージョンとしてお届けします。
シャンソン、ミュゼット、ジャズ、タンゴetc..織り交ぜての選曲になります。


  12/16(土)池袋BLUE DRAG  Flactal(フラクタル)

     violin:カジカ , アコーディオン:佐々木憲 ,ギター:河野文彦
 
    start 19:30予定  charge ¥1500 + 1drink

同じくブルドラでのライブは、ジプシー音楽トリオでの初演奏です。
東欧のジプシー音楽やクレズマーを濃く熱く演奏していきます。
お洒落系マヌーシュ・ジャズとは一味違いますよ!


  12/22(金)岩本町Dress Cafe Lovey-Dovey Night
     Ms.Charleston&her RobinHoodBoys  /w 馬浪マラカス団

      start 19:30予定  charge ¥1500 + 2order

Dress Cafe HP : http://www.dress-tokyo.com/

Ms.Charleston~が、対バンに若手Jazz/Bluesバンド 「馬浪マラカス団」を迎えてお送りする企画ライブ。この日のチャールストンはピアノ、フィドル、ベース入りのフル編成です。
現在レコーディング中の集大成的な演奏をお届けしたいと思います!

以上、駆け足での(?)お知らせでした。

Pick&Lipsでは、小学生の吹奏楽団と演奏してきます。若干緊張してます(^^);
[PR]
by fumiclub | 2006-11-18 22:58

ディズニーランド

今日は一日オフ!
ということで、以前仕事の関係で入場券をもらっていた東京ディズニーランドに行ってきました。

ただということもあり、朝はしっかり寝たあと余裕の14時入場。
すると、ひょんなことからトイストーリーのバズのシューティングゲームみたいな乗り物のファストパスをもらいました。乗り物に乗りながら、的をレーザーガンで撃ってすすんでいくのですが、これがかなり面白かったです。すっかり本気になってしまい「のび太君みたいだね」と言われました。

そのあとはパレードを見たり、屋台のポップコーンやチキンを食べ歩いたり。
季節柄どこもクリスマス一色。音楽や飾りでウキウキ気分を盛り上げてくれます。

カントリー・ベア・シアターという、熊さんたちがカントリー音楽を奏でる劇場も、クリスマスナンバーのスペシャル・バージョンでした。ホーンテッドマンションも小さい頃から何度も乗っていますが、クリスマススペシャルで新鮮でした。

僕が今日一番感動したのは、働いているスタッフの方々一人ひとりが僕達を楽しませようとしてくれているのが伝わってきたことです。それぞれの持ち場が半径数メートルのステージとなってエンターテイメントしている姿に、とてもすがすがしい気持ちになりました。

そしてディズニーは半日遊ぶくらいが体力的にはちょうど良いと思いました。
年とったのかなあ…

クリスマススペシャル!シンデレラ城↓
f0040680_0154841.jpg

[PR]
by fumiclub | 2006-11-17 00:18
先週の週末土日は、新宿3丁目周辺の計26ヶ所を会場に、第6回新宿トラッドジャフェスティバルが開催され、僕も演奏してきました。

このイベントは、お昼から夕方までの時間帯、ピットインなど有名なジャズクラブから小さな居酒屋までが会場になって、ニューオリンズジャズ、ディキシーランドジャズやスイングジャズのミュージシャンがプロアマ問わずに勢ぞろいする、まさにお祭りのようなイベントです。僕は昨年から出演させていただいています。

個人でのエントリーのため、色々なミュージシャンの方と共演させていただきました。昨年は一日中どこかで演奏していましたが、今年は全体の時間で出番は半分くらいで、残りの時間は演奏を聞いてまわりました。

一日目1ステージ目はサックスの高橋三雄さんとトランペットの宮田朋実さんのグループで、ギターはダブルブッキングのため二本での演奏。かなり豪華なサウンドでした。

2ステージ目は「テナーバトル」と題して、マイケル後藤さん、上野まことさん、渡辺恭一さんの三人のテナーサックス共演です。一曲目「Cotton Tail」 から飛ばしまくりのゴリゴリなステージでした。リズムギターやってて最高に楽しかったです。ピアノレスの代わりにこちらも2ギターでした。

3ステージ目は新宿アコギの会での演奏。総勢五人のアコギ弾きにベースのサポートで、「Wabash Blues」、「I Got Rythm」 を演奏。それ以外にも二人ずつのペアでも演奏しました。僕は宮堂さんと「La Mer」、「How High The Moon」を演奏しました。

4ステージ目は小倉愈さん、吉本泰一郎さんの2クラリネットのバックで演奏。
熟練の皆さんとゆったりした雰囲気で演奏を楽しめました。

この日はこれで終了。最後の5ステージ目は先輩方の演奏を聞いてまわりました。

もちろん夜はセッションです!何件かのお店でセッショやってたのと、仕事にいってしまった方々もいて、少し人数が少なかったのですが、ここでもずっとギター弾いていました♪

一夜明けて二日目。この日は2ステージだけでのんびりとしていました。

1ステージ目はサックスとクラリネットの小林淑朗さんを関西でご活躍中のピアニストあかぎしほさん達と伴奏。会場は小さなお店で、全員マイク無しで演奏しました。生の音楽は気持ち良いです。

ギターの会は昨日より2人増えて総勢7人のギター+ベースで、しかも会場は昨日よりもぐっと狭いお店。途中のペアでの演奏時は、残りの奏者は店外で待機(笑)全員演奏は「世界は日の出を待っている」、「Waboash Blues」をぎゅうぎゅう詰めで演奏。
ギター数台でユニゾンしたりするのはとても心地よく、癒し系音楽でした。

夜はギターの会の打ち上げでしたが、他にもたくさんのミュージシャンの方々が訪れ、楽しいひと時(といっても5時過ぎから11時くらいまで)を過ごしました。

今回、一日目は雨のせいもあり、ギターはマカフェリタイプのジミーロゼンバーグ・モデル一本で行ったのですが、十分すぎる活躍をしてくれ、二日目もこれ一本で弾ききりました。

まだまだ現場に行って知らない曲に遭遇してあせることばかりなので、もっと曲を覚えるという基礎的な課題を改めて実感しました。

翌月曜日はまた朝からレギュラー演奏~深夜レコーディングで寝起きの日記レポートでした。

今夜はクラリネットの小嶋さんとパーク演奏。どんどん新しい曲に挑戦していきたいです。
[PR]
by fumiclub | 2006-11-14 15:37
今日はいつも演奏しているパークハイアットホテルに初めて金曜日に
演奏に行きました。ギタリストの衣川恵章さんとの初共演です。

僕は昼間の演奏があり、1ステージ目の30分前にようやく到着して、
軽い打ち合わせと食事をしてさっそく本番。

今日の選曲は比較的ボサノバの比重が高く、普段まともにやらない曲をたくさんやりました。
衣川恵章さんは(当たり前ですが)ものすごい上手で、やばい、もっと練習しなきゃという、焦りにも近い気持ちを感じました。と同時に、常に色々な方と共演して刺激を受ける大切さを痛感しました。
しかしボサノバはリズムやノリ、和声と、どれをとっても難しいですね。あれはあれで一つの民族音楽のようなものなのですね。ジプシーの民族音楽+JAZZ=ジプシージャズと同じく、ただジャズの知識があるだけでは決して演奏できない奥深さを改めて知りました。

いよいよ冬本番!?明日あさっては新宿のトラッドジャズフェスティバルに出演してきます。
二日間ともほぼ初共演の方々で、アフターアワーのセッションまで楽しみです。
また新たな刺激を受けて次のステップを目指したい!

修行の日々は続きます♪
[PR]
by fumiclub | 2006-11-11 00:19