ギター弾き'河野文彦'の活動日記


by fumiclub

<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

再会、国際版

今日はパークハイアットでギターの諏訪光風さんとの共演でした。
二人でガットギターを弾いて、ちょっとエレガントな雰囲気でジプシージャズや、トラッドジャズ曲を演奏しました。

その後、おなじみ池袋BLUE DRAGへ二人で立ち寄りました。
今日のライブ&セッションバンドは…
小林 圭吾(G) 新井 聡(G) 北床 宗太郎(Violin) 三浦 剛司(B)
(敬称略)でした。
着いたらセッションの終わりのほうでしたが、僕も駆けつけでAfter You've GoneとミュゼットのIndefferenceを演奏させていただきました。セッション参加は気楽に楽しめて良いです♪

その後も色々なマニアックなGYPSY JAZZトークで盛り上がりました。
BLUE DRAGにいくと毎回新しい情報が入ってくるからお客さんとしても遊びにいくのが楽しくて仕方ありません。他ではできない会話を思う存分できますから(笑)

そんなこんなで終電間際になり家について、明日も朝早いから、とお風呂に入ったあと、なんとドライヤーが壊れている!ということで自然乾燥している間にブログ書き込み中です。


今月3月はアイルランドのお祭り、セントパトリックス・デイがあるので、いたるところでイベントがあります。アコースティック音楽好きな僕は以前アイリッシュ音楽をかじっていた時期がありまして(今も大好きです)先週末にとあるイベントに遊びに行ってきました。

もう一昨年の話になりますが、アメリカから来日したアイリッシュバンドとひと夏の間、関わることがありまして、僕にとってははじめての異文化コミュニケーション、外国のミュージシャンとの交流、そして僕の演奏家としての大きな一歩、ということで一生忘れない夏をすごしたのですが、そのときのバンド、SKELPINが再来日を果たしイベントに出演するというので、スケジュール調整して行ってきました。

昼間の仕事を終えて急いで会場に向かうと、最初のバンドの演奏が始まっていました。
今月2日にDressCafeで対バンしたButterDogsのフルート、hataoさん擁する心斎橋トリオです。場内は半分くらいが外国人で、その雰囲気と音楽がとてもマッチしていました。

2バンド目は、僕も以前共演したことのあるcashelのバンドです。バンド編成でのRock.Popsのオリジナル、そして外人にはおなじみのカヴァー曲(みんな一緒に歌ってました)で場内はさらに盛り上がります。

この間僕がバーカウンターにドリンクをとりに行くと、Skelpinのメンバーの一人、パトリックがいました!思わず声をかけると彼女もすぐに思い出してくれて、再会を喜びました。
するとそこに残りのメンバーもやってきて、僕の顔を見るなり、「フミ!久しぶり!一緒にステージに上がってM1(以前彼らが来日したときのショウの一曲目)をやろう」と一年半の時間を感じさせないあの時の続きのような会話が始まりました。彼らはすぐに出番だったの楽屋に戻ってしましましたがその後の彼らのステージは以前見たとき以上にアグレッシブになっていて、その間ずっと目の前の現実と記憶の間で胸が高鳴りっぱなしでした。

終演後は近くのカフェで終電までのわずかな時間をともにしました。
以前彼らが帰ってしまった後、「今度は僕が彼らを訪ねたいな」、と思っていましたがまた先を越されてしまいました。でも会えて本当によかったです。
f0040680_291364.jpg

[PR]
by fumiclub | 2007-03-23 02:14
普段何気なくyou tubeで好きなアーティストの映像検索して見てたりするのですが、今日結構嬉しい映像を発見しました!

最近の僕のメインギター、Dell Arte製 jimmy rosenbergモデル、こちらはその名の通りjimmy rosenbergというジプシーギタリストのモデルでして、この人小さい頃から有名人でジプシージャズ好きの間では名の知れた方です。しかし、数年前に、噂で、「捕まったらしい」という話を聞いて以来、まったく情報が入ってきていなかったのです。(タクシー強盗etc..諸説あり)

ちなみに以前多分you tubeだったと思うのですが、海外のドキュメンタリーで彼自信が生まれ育ったジプシーのキャラバンを案内しながら、「小さい頃に有名になって、お金も名誉も手にしてしまい、ドラッグにおぼれた」と説明する映像も見たことがあります。

僕が見る限りでは海外のジプシージャズサイトでもまるで暗黙の了解のように彼の動向に関して触れられているのは見たことありませんでした。


で、今日、jimmy rosenbergで検索すると、見たことの無い動画が…
タイトルは「Jimmy Rosenberg Is Back」。なんと今月5日に行われたというライブの映像なのです!いつの間に復活したんだ!

http://www.youtube.com/watch?v=cUTmjBCqlow

冒頭がとある建物から彼がダンボールみたいな箱を持ってこちらにやってきて、
そこに家族らしき人が数人、車でやってきます。トランクの中からギターを取り出しJimmyに渡すと彼は「Wow!ギターだ!」見たいな感じで、その場にかがんで弾きまくる!
そしてその後ライブ会場の映像になるという内容です。

もしかして、これって、出所して久しぶりに家族に再会&ギター嬉しくて弾きまくっちゃいました、ってこと!?だとしたらかなりリアルというか、スキャンダラスな内容ですよね…

と、勝手に妄想を膨らまして興奮してこんな昼下がりにブログに書いてしまってます。

どちらにせよ、Jimmy Is Back!ということで、どんどん活動していただきたいですね!

今日はこの後ギターの諏訪光風さんとパークハイアットで演奏して、その後深夜までとあるリハがあります。

嬉しいニュースで気合が注入されたので、ガツンといってきます!
[PR]
by fumiclub | 2007-03-13 15:03

無事に終了!

Ms.Charleston&herRobinHoodBoysの企画ライブ、Lovey-Dovey Night Vol.2、無事に終了いたしました!

今回はVo. Gt.×2 Bassの4人編成で、ゲストバンドに黒船レディと銀星楽団の皆さんを迎えての夜でした。

しばらくオリジナル曲は増えていないのですが(汗)、カバー曲を増やして、新編成なので今までの曲もアレンジしなおしたりして演奏しました。この編成でちょっと方向性が定まってきたのを感じると同時に、まだまだ色々な可能性を探っていこう、という手ごたえを感じました。

対バンの黒船さん達は相変わらずクオリティが高く、JAZZだけにとどまらない万華鏡のような世界観を楽しませてくれました。最後にはMegさんと僕もご一緒して、Chinatown My Chinatownを演奏しました。黒船レディさんとMegさんのボーカリスト2人のダンスも飛び出し、楽しいセッションで幕を下ろしました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

関係者の方々も多数ご来場いただいて、これからますますおもしろい活動に結びついていきそうな予感にわくわくしています。

4/14 下北沢440, 6/23 吉祥寺Star Pine's Cafeと、素敵な舞台が待ち受けているので気合入れて準備していきたいと思います!
[PR]
by fumiclub | 2007-03-11 00:19

修行の日々

水曜日はギターの諏訪光風さんとパークハイアット、
木曜日はギターの衣川恵章さんとパークハイアット、でした。

お二人ともガットギターですが、僕も含め同じギターでもこんなに違うんだ、という感じで毎回楽しくご一緒させていただいています。

そして今日はBLUE DRAGで、ジプシー音楽ユニット、フラクタルのライブでした。昨年秋に初リハして、今回2度目のステージです。

たとえばJAZZだったりすると、いわゆるスタンダード曲というのがあって、最初と最後にテーマを弾いて間で各人がアドリブソロをとる、というお約束の下に演奏するわけですが、ジプシー音楽というのはそういった単純な繰り返しではなくて(曲によるのでしょうが…)、展開があったりテンポが変わったり、と一筋縄ではいかない曲ばかりで、やりがいがあります。暗譜するのはまだかなり先になると思いますが、こういう音楽譜面見ないでやれると(本来はそれがあるべきすがたですね…)、かなりかっこいいんだろうなー、と。これからその辺を視野に入れてがんばりたいです。

個人的になぜか演奏に邪念が入るというか、迷いがあり、演奏後にしこりが残るような日々がここ最近続いていて、帰り道に修行の足りなさを痛感している今日この頃です。

明日はMs.Charleston~のライブ@dress cafe 。
自分の足跡をその場に残せるような、そんな演奏に少しでも近づけたら、と思います。
[PR]
by fumiclub | 2007-03-10 00:50

美食は癒しですね

今日は昼間の演奏終わった後に、演奏仲間5人で飯田橋にあるお好み焼き屋さんに食事に行ってきました!

強風のせいで電車が遅れていて腹ペコなまま、のろのろ運転の電車に揺られてやっとたどり着いた!と思ったらまさかの30分待ち!!ここまで来たのだから、と雨にも負けずに待ちました。

広島風お好み焼きで、カウンターに座ると目の前の巨大な鉄板で店員さんが作ってくれます。
初めての広島風ということで、スタンダードな、そば・お餅入りを頼みました。

これがかなり美味しい&ボリューム満点!ソースもたっぷりかかって鉄板の上から熱々のまま口に運ぶとほっぺた落ちそうでした。
ビールにもよく合うんですねえ。

人気のお店らしく、回転速いので食べた後は近くのファミレスでお茶してきました。この一連の流れがなんというか、学生時代の放課後みたいでとても楽しかったです。

最近お疲れモードでしたが、エネルギーを蓄えてまた明日からがんばろう!という気になりました。

そして家に帰ったら3日前に注文したジプシージャズのジョン・ジョーゲンソンとストケロ・ロゼンバーグのDVDが届いていてさらにテンション上がってしまいました!
[PR]
by fumiclub | 2007-03-05 23:46

半月日記

またしてもかなり間が空いてしまいました!
2月後半そろそろブログも書かなきゃなー、と思った矢先に事務仕事がどばーっと降りかかってきて、そちらでかなり体力&気力を奪われてブログから遠ざかっていました。
慌ただしくも充実した毎日です(と自分に言い聞かせてます。)

2月の楽しかった出来事はやはり春の楽しいジャズ祭り!
入場者数1650人!!プレーヤー・スタッフ合わせて760人以上!!

アコギの会もなかなか評判よく、これからが楽しみです。
演奏はお昼から夜の8時半まで色々な会場でぶっ通しで、そのうち僕の出番は3割くらいだったので、残りの7割の時間は会場内を歩き回って、本当にたくさんの方達の演奏を聞くことができました。

それ以外にはクラシックのコンサートを聞きにいったり(途中眠気と戦う場面もありましたが…)新たにサイド・ギターの加わったMs.Charleston~のリハを重ねたりと、フル稼働して短い一ヶ月が終わりました。

3月頭は早速アコーディオンのパブロ氏との2度目の演奏がありました。
空腹で途中から何を話してるのか訳がわからなってしまいましたが、演奏の方は1回目よりもリラックスしてできた気がします。今後更なる発展があると良いなあと思っています。

今日は青山の素敵なレストランでの披露宴で演奏してきました。共演はいつもアコーディオンでご一緒している安西創さんですが、今日は楽器を二胡に持ち替えて、中国、沖縄音楽を演奏してきました。暖かい昼下がりにゆったり流れる二胡の音色で、伴奏している僕が癒されてしまいました(笑)

今月はライブが数回あるので、そちらの予習しつつ、曲作りもがんばり…たいです。
[PR]
by fumiclub | 2007-03-04 21:47