ギター弾き'河野文彦'の活動日記


by fumiclub
先週の週末土日は、新宿3丁目周辺の計26ヶ所を会場に、第6回新宿トラッドジャフェスティバルが開催され、僕も演奏してきました。

このイベントは、お昼から夕方までの時間帯、ピットインなど有名なジャズクラブから小さな居酒屋までが会場になって、ニューオリンズジャズ、ディキシーランドジャズやスイングジャズのミュージシャンがプロアマ問わずに勢ぞろいする、まさにお祭りのようなイベントです。僕は昨年から出演させていただいています。

個人でのエントリーのため、色々なミュージシャンの方と共演させていただきました。昨年は一日中どこかで演奏していましたが、今年は全体の時間で出番は半分くらいで、残りの時間は演奏を聞いてまわりました。

一日目1ステージ目はサックスの高橋三雄さんとトランペットの宮田朋実さんのグループで、ギターはダブルブッキングのため二本での演奏。かなり豪華なサウンドでした。

2ステージ目は「テナーバトル」と題して、マイケル後藤さん、上野まことさん、渡辺恭一さんの三人のテナーサックス共演です。一曲目「Cotton Tail」 から飛ばしまくりのゴリゴリなステージでした。リズムギターやってて最高に楽しかったです。ピアノレスの代わりにこちらも2ギターでした。

3ステージ目は新宿アコギの会での演奏。総勢五人のアコギ弾きにベースのサポートで、「Wabash Blues」、「I Got Rythm」 を演奏。それ以外にも二人ずつのペアでも演奏しました。僕は宮堂さんと「La Mer」、「How High The Moon」を演奏しました。

4ステージ目は小倉愈さん、吉本泰一郎さんの2クラリネットのバックで演奏。
熟練の皆さんとゆったりした雰囲気で演奏を楽しめました。

この日はこれで終了。最後の5ステージ目は先輩方の演奏を聞いてまわりました。

もちろん夜はセッションです!何件かのお店でセッショやってたのと、仕事にいってしまった方々もいて、少し人数が少なかったのですが、ここでもずっとギター弾いていました♪

一夜明けて二日目。この日は2ステージだけでのんびりとしていました。

1ステージ目はサックスとクラリネットの小林淑朗さんを関西でご活躍中のピアニストあかぎしほさん達と伴奏。会場は小さなお店で、全員マイク無しで演奏しました。生の音楽は気持ち良いです。

ギターの会は昨日より2人増えて総勢7人のギター+ベースで、しかも会場は昨日よりもぐっと狭いお店。途中のペアでの演奏時は、残りの奏者は店外で待機(笑)全員演奏は「世界は日の出を待っている」、「Waboash Blues」をぎゅうぎゅう詰めで演奏。
ギター数台でユニゾンしたりするのはとても心地よく、癒し系音楽でした。

夜はギターの会の打ち上げでしたが、他にもたくさんのミュージシャンの方々が訪れ、楽しいひと時(といっても5時過ぎから11時くらいまで)を過ごしました。

今回、一日目は雨のせいもあり、ギターはマカフェリタイプのジミーロゼンバーグ・モデル一本で行ったのですが、十分すぎる活躍をしてくれ、二日目もこれ一本で弾ききりました。

まだまだ現場に行って知らない曲に遭遇してあせることばかりなので、もっと曲を覚えるという基礎的な課題を改めて実感しました。

翌月曜日はまた朝からレギュラー演奏~深夜レコーディングで寝起きの日記レポートでした。

今夜はクラリネットの小嶋さんとパーク演奏。どんどん新しい曲に挑戦していきたいです。
[PR]
# by fumiclub | 2006-11-14 15:37
今日はいつも演奏しているパークハイアットホテルに初めて金曜日に
演奏に行きました。ギタリストの衣川恵章さんとの初共演です。

僕は昼間の演奏があり、1ステージ目の30分前にようやく到着して、
軽い打ち合わせと食事をしてさっそく本番。

今日の選曲は比較的ボサノバの比重が高く、普段まともにやらない曲をたくさんやりました。
衣川恵章さんは(当たり前ですが)ものすごい上手で、やばい、もっと練習しなきゃという、焦りにも近い気持ちを感じました。と同時に、常に色々な方と共演して刺激を受ける大切さを痛感しました。
しかしボサノバはリズムやノリ、和声と、どれをとっても難しいですね。あれはあれで一つの民族音楽のようなものなのですね。ジプシーの民族音楽+JAZZ=ジプシージャズと同じく、ただジャズの知識があるだけでは決して演奏できない奥深さを改めて知りました。

いよいよ冬本番!?明日あさっては新宿のトラッドジャズフェスティバルに出演してきます。
二日間ともほぼ初共演の方々で、アフターアワーのセッションまで楽しみです。
また新たな刺激を受けて次のステップを目指したい!

修行の日々は続きます♪
[PR]
# by fumiclub | 2006-11-11 00:19

勝沼ワイナリー2

28、29日はPick&Lipsとして勝沼のシャトウ・メルシャン・ワイナリーを再び訪れ演奏してきました。

10月の土日祝日はハーベストフェスティバル(収穫祭)として
ワイナリー見学ツアーや、京王ホテルシェフの売店やチーズの屋台など盛りだくさんのイベントです。僕は約半分の5日間演奏させていただきました。

この土日でイベント終了ということで、スタッフの皆さんも気合が入っていました。(もちろん僕らも!)
スタッフの方々は一ヶ月ほぼ同じ顔ぶれで、さすがチームワークもばっちり。
日曜は撤収作業があるため、土曜の夜に一日早い打ち上げパーティが開かれました。東京のイベント業者さんやソムリエさん、現地のスタッフさん、PAさん、司会の方々総勢20人ほどで楽しいひと時を過ごしました。途中、全員の人生観スピーチや、スタッフさん同士の婚約発表(!)などなど盛りだくさんで、イベントの終わりをより寂しく感じるような、素敵な夜でした。

日曜日は雨の予報とは裏腹に、朝から時間がたつにつれて雲が晴れていき、
すがすがしい空の下で最後の演奏。新曲だった「故郷の景色」もすっかり板につきました。

名残惜しくもお世話になった皆さんとお別れして、一路東京へ。
その足で11/11,12の新宿トラッドジャズフェスティバルで演奏するアコギなジャズの会の打ち合わせ(兼飲み会)。こちらもいろいろな音楽談義で盛り上がりました。

翌月曜は昼間からレギュラー演奏して、深夜~朝までレコーディング。
10月も最終日となる今日は一休みの一日です。

11月も初日から飛ばしていきます!
Pick&Lips で大手町のMANHATTAN Bleuで演奏します。

今年もあと二ヶ月、濃厚な日々を送りたいと思います。

勝沼メルシャン・スタッフ、集合写真ラベル入りワイン!
記念にいただきました(左端が僕です)↓
f0040680_17555129.jpg

[PR]
# by fumiclub | 2006-10-31 18:00
今日はMs.Charleston&herRobinHoodBoysで渋谷青い部屋のイベント「バガボンドナイト」に出演させていただきました。
Megさんと僕とピアノの上山氏による初のトリオ編成で挑みました。

僕は昼間の演奏があったので、リハーサルはパス。
渋谷に着くとまだ演奏時間まで一時間以上あるので、
通りかかったタイ料理屋さんで晩御飯を食べました。

実は一年半前までタイ料理屋さんでバイトしてたんです。
毎日まかない料理で美味しいタイ料理食べていたので、
今でもふとしたときに食べたくなります。
ちなみにバイト時代、僕はクイッティオというライスヌードルを作る係でした。

僕の好きな料理で、ヤムウンセンという海老と魚介と春雨のサラダが
あるのですが、なかなかドンピシャのものにめぐり合えずに恋しさを募らせていたら、今日のお店にはおいてあったんです♪早速サイドメニューで注文。

あの頃を思い出しつつ、パクッ。

か、、辛い、、、

いや、タイ料理としては日本人の口に合うように整えてあって、
めちゃくちゃ美味しいんです。
でも思い出を美化しすぎていたみたいで、そういえばまかないで食べてた頃も、
普通のサラダで味を薄めないと、食べれなかったのを思い出しました。

でも食べるほどに鼻水は出るし、目に涙は浮かぶしで…

一人で入ったので、シェアする相手もいなく、「辛いけど美味しいねー」なんていう相手もいなく。。

しょうがないから、カバンに入っていた雑誌を取り出して読むふりをしながら
時間を稼ぎつつちょっとずつ食べました。結局ヤムウンセンは全部食べれたけど、水の飲みすぎで、メインのご飯は残してしまいました。ごめんなさい店員さん。

久々に、美味しいーってものを食べました。
今度は誰かと一緒に食べに行きたいです。


辛いけどうまい!ヤムウンセン↓
f0040680_0114484.jpg

[PR]
# by fumiclub | 2006-10-21 00:10

チャボロ×3

先週末は3日連続でマヌーシュ・ギタリストのチャボロ・シュミット氏の
演奏を聞きに行きました。3日間ともまったく雰囲気の違う会場で、
それぞれ楽しめました。

1日目の金曜日は銀座・王子ホール。
クラシック向けのこの会場に入った瞬間、エレガントな雰囲気に一瞬
立ちすくんでしまいましたが、知り合いにたくさん会い、お酒を飲んで
リラックスしました。若干客層も高めに感じました。
会場のせいもあり、演奏中は客席は静かで、普段のライブとは違う印象です。
チャボロやバイオリンのコステルは僕も愛用しているアンプ、AERのBingoⅡを
モニター用に使っていました。
酒場の音楽のようなマヌーシュ・ジャズをクラシック用の会場で聞くのは
とても贅沢な気分でよかったです。

2日目は渋谷のduo music exchangeというライブハウス。
昼間に船橋で演奏があり、終わって駆けつけるも会場はすでに人でいっぱい。
若者もたくさんいます。荷物があったので後ろで立ち見するつもりでいると、
運よく二階席に案内してもらえ、席をゲット。柱のせいでVn.コステルが隠れて
いましたが、後ろのスクリーンに映し出されてそちらで見ることができました。
こちらの会場では音響もバッチリでバランスよく聞こえました。

3日目は正式な公演ではありませんが、いつもお世話になっている
池袋BLUE DRAGのリニューアル・プレオープン・パーティでの演奏。
はっきりと来る時間が決まっていないので、それまで集まった人たちでセッション。彼らはなかなか現れず、ひやひやしましたが23時近くになって登場。
サインや撮影などで早速店内はヒートアップ。
演奏を終えた僕がサイド・ギターのマヨ氏にギターを渡し、演奏をお願いすると快くステージに上がってくれました。
続けてチャボロも含めたメンバー4人での演奏に突入!
もちろんこんなときでも彼らはまったく手を抜かないド本気の演奏。
目の前で繰り広げられる本物の演奏にみんな釘付けです。

そのあともセッションやチャボロの歌も飛び出し、終電で帰る人もいなく
みんなで盛り上がりました。本場の演奏を生で聞けるチャンスも少ないですが、
ステージでは見れない部分、彼らの酒の飲み方、仲間意識(事あるごとにチャボロはメンバーと抱擁をしていました)、女性の口説き方など、その人となりを見れたのがこの日の収穫です。

最初から朝まで帰らないだろうと予測していた僕は、翌朝からの仕事に備えて
この日はお酒をまったく飲まなかったのですが、彼らの演奏でかなり酔っ払いました。

↓超本気!まさに生業という言葉がふさわしい演奏でした。
f0040680_101656.jpg

[PR]
# by fumiclub | 2006-10-17 10:18

4代目携帯

昨夜突然、携帯電話が壊れました。
相手に声は届くけど、相手の声がぜんぜん聞こえない症状。
3年以上使っているので、修理という雰囲気ににもならずに
3年ぶりにauショップに行ってきました。

長年愛用していた「くるくる機能」を搭載した機種はもうなく、
店員さんにシンプルなやつを、と選んでもらった数機種から
ど、れ、に、し、よ、う、か、な、と選んできました。

くるくる機能が無い携帯は使い辛いですね!
メール打つ速度40%ダウンです。
今日は業務連絡が非常に多く、パークハイアットの演奏の休憩中ひたすら携帯と格闘していました。

ためしにパークの社食でご飯を撮影しました。メインディッシュはサワラです↓
f0040680_09970.jpg

[PR]
# by fumiclub | 2006-10-12 00:27

勝沼ワイナリー

この日曜と月曜にまた勝沼のメルシャン・ワイナリーに行ってきました。
天気に恵まれて、ワインと大自然の香りの中で気持ちよく演奏できました。

Pick&Lipsの新曲の「故郷の景色」も、より曲のイメージを膨らませることができました。今月末28,29日にもう一度行ってきます。

今日は昼間のレギュラー演奏からパークハイアットに直行コース。
共演のGt諏訪さんも前の現場から直行で二人してヘロヘロになりながら演奏。
明日は久々の朝寝坊。休養は大事ですね。


故郷の景色 in勝沼f0040680_23553580.jpg
[PR]
# by fumiclub | 2006-10-10 23:57

故郷の景色

チャールストンとは別に活動しているユニットがありまして…
サックス奏者のフクムラサトシさんとのデュオ「Pick & Lips」

ポップス~ジャズ~ボサ etc..をレパートリーにしていまして、
着々とオリジナルも増やしているのですが、先日宅録で新曲の
デモ音源を作りまして、web上にアップされました。

「故郷(ふるさと)の景色」という曲で、東京生まれ東京育ちの河野が、
緑あふれる故郷に憧れて作った曲です。

下記URL内の試聴ページで聞くことができます。
フクムラサトシHP
http://www.geocities.jp/fuqubiki/

そんなPick&Lips (略してピクリプ)、明日は山梨県勝沼のワイナリーの収穫祭にて演奏してきます。来月は何日か演奏に訪れる予定です。

きれいな景色を眺めて新たな曲など作れたらいいなと思います。
[PR]
# by fumiclub | 2006-09-29 21:36

ライブwith Tom Marion

ここ一週間昼も夜も無いような演奏の日々が続き、今日でようやくひと段落。
いつもお世話になってるクラリネットの小嶋さんとパークハイアットホテルで演奏してきました。今日はかなりリラックスして演奏できたなぁ。

ひょんなことから最上階のニューヨークグリルで演奏のため
来日中のsax奏者の滞在している部屋にお邪魔したりしてきました。
さすがパークハイアット、豪華な部屋でした。


またしても久々の日記ですが先週の金曜日にあった茅ヶ崎でのTomMarion氏お忍び公演ののことをレポートしたいと思います。

当日は15時に待ち合わせして、近くのカフェにて軽く打ち合わせ。
気軽なセッションではなく、しっかりチャージを頂いてのライブなので、
自然と責任を感じて、細かく打ち合わせしなきゃ、と思っていましたが
やはり僕にそこまでの語学力は無く…
若干不安を残したまま会場に向かいます。

現場で荷物を降ろしていると、Vo.のMegさんも到着。
英語バッチリの彼女を交えてリハーサル。

急遽僕とMegさんのチャールストン・オリジナルコーナーも作っていただき、
大まかな流れとしては、

Meg & Fumi → Tomソロ → Tom & Fumi (曲によりMegさんも)

といった内容に。

本番直前までTom氏にイタリア系マンドリン曲やオールドタイムナンバーを
(口頭で!)叩き込まれ、頭の中がごちゃごちゃになりつつもいざ出番。

Megさんとのデュオはさすがにやりなれているので、
ウォーミングアップには最適。
お客さんも盛り上がってくれて、さい先の良い滑り出し。

続くTom氏のソロ。事前の予定では15~20分の予定でしたが、
彼が時差ぼけや疲労で睡魔に襲われていたこともあり、一曲だけ。
しかしマンドセロ(マンドリンの兄貴分)によるソロ演奏はなかなかメランコリックで
さっきまでの眠そうだった彼が嘘のような演奏には「さすが」の一言。

そのまま迎えられた僕が、一応事前に決めていた曲順通り、
「Sweet Sue,just you」 をやると告げると、彼から衝撃の発言が…
「o.k. フミ、sweet lorraine をやろう」
げっ、sweet違いだけどそんな曲やるなんて打ち合わせしてないよ!と
真っ青になりつつも真っ向から立ち向かい無事完奏。

その後の流れを覚えている範囲で書き出すと…

Sweet Sue (意地でやりました・笑)
Home (Tomボーカル)

Sunday  with Meg
Good Little Bad Little You  with Meg

タイトル不明マンドリン曲とオールドタイムナンバー三曲(Tom独壇上!)

Everyone Says I Love You   Tom&Meg デュオ

Am I Blue   with Meg
I can't give you anything but love     with Meg


本番中にもTomは気まぐれでどんどん曲を決めていくので、あと何曲か
やった気もするのですが、必死だったのでよく覚えていません(笑)

しかしいつも家で聞いていたあのエディラング・スタイルのベースランを
交えたバッキングが隣から聞こえてくるたびに、一緒に演奏できてる
感動と喜びがこみ上げてきました。

18歳の頃にタワレコの試聴機でTomが参加しているJanet Kleinの
アルバムを聞いて一気にトラッドジャズやスイングに傾倒した僕が
彼と演奏しているのです。

そんな夢心地の時間もあっという間に終わり、当初の不安も吹き飛ぶ
大盛況のなかライブは終了。時間は終電の20分前!翌日は朝から仕事!!

ギター二本を抱えて茅ヶ崎駅までダッシュしてなんとか終電に乗れました。
ドタバタの終演でしたが来月Tomの帰国前にお茶の水の楽器屋を案内する
ことになったのでまた友好を深めたいと思います。


そんなチャールストン、次回演奏は10/5(木)岩本町dress cafe
フルメンバーでノーチャージです!

f0040680_0331373.jpgあっ、ギター買いました。。
昨日共演したGuitar諏訪さん大絶賛で安心しました。
[PR]
# by fumiclub | 2006-09-28 00:34
今週金曜日は茅ヶ崎にて、JanetKleinの相棒ギタリスト、TomMarion氏の
お忍びライブに、Ms.CharlstonのVo.Megさんと参加させていただきます。
Tom氏とのデュオ演奏と、Megさんを加えた編成で演奏します。

4月の来日時にセッションして以来の再会、今からとても楽しみです♪

そしてMs.Charlestonは10月5日に、何度か出させていただいている岩本町のdress cafeで演奏します。今回はボーカル、ギター、フィドル、ベースにピアノを加えた現時点のフル編成です!チャージはもちろん無料です。
岩本町って、場所がイメージしにくいけど、実は秋葉原の昭和通り口からすぐのところです。
お店には秋葉原からも5分くらいで着いちゃいます。詳しくは↓
http://www.dress-tokyo.com/index2.html(右上のaccessに地図があります)

高校時代の知り合い(話したことあるけど、一対一は未経験…くらいの)が
岩本町でカレー屋さんを開いているとのことで、行こうか迷い中です。

あ、先日僕を苦しめてくれたギターに関しては、近日中にレポートできればと思いますっ!

↓ドラ焼きを狙うポン吉君(本文とはまったく関係ありませんね…)
f0040680_23335768.jpg
[PR]
# by fumiclub | 2006-09-19 23:31