ギター弾き'河野文彦'の活動日記


by fumiclub

初夏の日々

気がついたらあっという間に夏ですねえ。
まだ梅雨は終わっていませんが。
楽器には辛い季節です。

特に何かあってこの日記を書いてるわけではないのですが…
HPのスケジュール更新したので、勢いで何か書かないと、と思いまして。

ここ最近は、屋外で演奏する機会が多く、暑さ&湿気で
体力の消耗が激しい毎日、ぐっすり眠れます。

もうすぐすると、また朝早いリハが何日かあるのですが、
聞くところによると朝4時~みたいなW杯もびっくりのスケジュールらしく…

でも夏の朝は爽やかでいいですよね!そう自分に言い聞かせて乗り切ろう。

家にいるときは大体曲作っています。Pick&LipsとMs.Charleston~、
なんとしても音源出します!自分に言い聞かせながら…
[PR]
# by fumiclub | 2006-06-29 00:39

友達は美大生

今日、演奏先に向かう駅のホームで、小中学校一緒だった
友達とばったり再会。会うのは一年ぶりでした。

彼はなんとこの春から大学に通っていて、今から学校とのこと!
かつてあきらめた美大へ、働いてためたお金で通っているとのことでした。

まだ20代前半とはいえ、なかなか決断できることではないですよね。
本人も悩んだ末だし、同級生は6歳下とのことで、戸惑うこともあるようですが、
電車内で今作ってる作品のことを聞いたりして、今日は新宿で画材等を買ってから学校に向かうんだという彼の顔からは、充実した生活が感じられました。

好きなことに一生懸命でいることの輝きを感じてとても嬉しくなり、
今日も音楽ができる喜びをかみしめて演奏しました。忘れたくない気持ちです。


明日はBLUE DRAGのライブ&セッション
http://www.geocities.jp/bluedrag_jp/

今回は安西創さん(Acc)と佐々木憲さん(Acc,Pf)との
2アコーディオン1ギター編成で演奏します。
もちろんセッション参加者も大歓迎です!
[PR]
# by fumiclub | 2006-06-08 00:03

眠い目をこすって

月曜から今日水曜まで、異常な早起きをしました。
マヌーシュ・ジャズ・マラソンの現場リハーサルのため。
朝4時起きでお迎えのタクシーに乗り込み、お昼までのリハをこなしました。

最終日の今日は夜のレギュラー演奏もありかなり長い一日でしたが、
ようやくひと段落。
そういえば今日、すごい雷と雨でしたが、虹がでましたね!新宿パークタワーの上から見たら、伊勢丹のあたりから出てました。不思議な光景。
[PR]
# by fumiclub | 2006-05-24 23:47

お勧めライブ

先週末はブルドラ、ピクリプ、ジャズフェスと連チャンで演奏が続き、
特にジャズフェスでは色々なミュージシャンの方や懐かしい友達との再会など、
楽しい一日でした。

ひと段落して今週は毎日リハーサルが入り、独特の緊張感のある毎日で
家に帰るとへとへとです。スタッフの方も交えたリハで、普段使わない神経を
使っている感じ。

今週末は下北沢オフビートでMs.Charleston&herRobinHoodBoysの演奏。
多摩バンドをはじめ、ピアノとアコーディオンで活躍される佐々木憲さん率いるトリオとの共演。僕たちはベースの神野君が休みの代わりに、新しく参加してくれるフィドルの健介君とのトリオ編成です。今回はオリジナルの方が多く披露する予定♪

Ms.Charleston~、まだ見たことない方はぜひ一度聞きにいらしてください!

サイトで試聴できます↓
http://www.geocities.jp/charlestonrobinhood/

オフビート↓
http://homepage3.nifty.com/Shimokita_offBEAT/
[PR]
# by fumiclub | 2006-05-16 23:31

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク、この一週間はなぜか今年に入ってまれに見る
暇なスケジュールでした。暇というか、人前での演奏があまりなかったです。
ここぞとばかりに、録音や作曲など、時間があるときじゃないとできない
作業にせっせと励んでいました。
Pick&Lipsの録音(もう二ヶ月以上前だ…)の仕上げや、
Ms.Charleston&herRobinHoodBoysのオリジナル曲作り、そして
今週から始まるジャズ・マヌーシュ・マラソンのリハに向けた準備、と
このタイミングでまとまった時間ができてホントによかった、といった感じで自宅にこもっていました。

そんな中、昨日はわりとアクティブな日。
昼間はブライダル関係の会場での演奏。
アコーディオン、バイオリン、ギターの三人のうち、交代で常時二人ずつ演奏している、というユニークな(そしてハードな)設定でしたが、現場での判断で、
様子を見つつ休憩を挟んで三人で演奏となり、なかなか優雅な編成でジャズナンバーなどを演奏しました。

その後自宅に荷物を置きに帰り、赤坂B♭という会場へ
「岸ミツアキ・トリオ&ウォーレン・ヴァシェ」の演奏を聞きに行ってきました。
ピアノの岸さんもコルネットのウォーレンさんも自宅でよくCDで演奏を
楽しんでいたのですが、生で聞くのは初めて。
コルネットのささやくような甘いトーンに、ニューヨークにでも来てしまったかのような錯覚に。選曲も心憎いというか、美味しいというか。

一夜明けて今日はPick&Lipsの丸井錦糸町店での演奏。
楽屋ではしばらくやっていない曲を確認しつつ、順調に本番もこなしていると、
突然のリクエスト!「煙が目にしみる」をヒヤヒヤしつつ無事?演奏。

次回のPick&Lipsは12日(金)大手町のManhattanBleuです。
ここは豪華な雰囲気の店内にかかわらず、料理は安くてもちろん美味。
チャージは¥500。お客さんとしていってみたい、そんなお店です。
[PR]
# by fumiclub | 2006-05-08 01:20

BLUE DRAGセッション

明日木曜日の夜は池袋BLUE DRAG でライブ&セッションのホストです。
気になるメンバーは…

北床 宗太郎(Violin)
青柳 孝(G)
藤原 大輔(B)
河野 文彦(G)

となっています。このブルドラセッション、僕は第二木曜担当ですが
明日は特別に参加。ということで初顔合わせの方々です。
おいしい編成で楽しみです。

お仕事帰りにぜひお立ち寄りください♪
[PR]
# by fumiclub | 2006-04-27 00:04

先週に弾き続き…

Welcome Party に引き続き、Janet Kleinの日本公演最終日を
渋谷のクアトロに見に行きました。

先週のパーティのときに、「楽屋に遊びにおいで」といっていただき、
前日から興奮のせいか、発熱&ダウン…布団の中でポカリをがぶ飲み
しながら過ごし、なんとか熱も下がり、愛用のギター二本の弦を
張替え、いざ渋谷へ…!

会場には知り合いの顔も多数見受けられ、
身体をいたわってジンジャエール片手にオープニングアクトを見終えると
いよいよJanetさん達の登場。会場に対して出音が静かなのもあるのか、
CDで聞くのより、まったりした印象。
もしかして日本中を旅して疲れきってしまっているのかな?などと一抹の不安が
よぎりましたが、演奏が進むにつれてオーディエンスと共に演奏もホットに。
日本の戦前の歌謡曲のサプライズナンバーも飛び出し、絶好調でした。
ギターのTomがボーカルをとった「Home」が心に染みました。

終演後、意を決してギター二本を小脇に抱え、Vo.メグミさんと楽屋に突入!
Tomさんに、「例のギター男です」と名乗ると、すぐにわかってくれて、
その場でメグミさんVo.でジャムセッション開始!「I Like You 」と
「I Can't Give You Anything But Love」 を演奏。
音楽で自己紹介って感じですぐに打ち解けることができました♪
僕の愛用ギター1940' DiMAURO はトムさんにとってもめずらしいらしく
どこで買ったの?いくらだったの?君はラッキーだよレアなギター見つけられて。と興味津々。

その後はメンバーの皆さんやスタッフの皆さん、日本のミュージシャンの方たちと打ち上げ会場へ。普通のお座敷の居酒屋でしたが、そこでもセッションはノンストップ。
日本での最後の夜は鳴り止まないジャズの音色で幕を下ろしました。

少ないスタッフで日本公演を実現したTom's Cabin の皆さん、和美さん、
本当にお疲れ様でした。
[PR]
# by fumiclub | 2006-04-25 13:20

JANET KLEIN WELCOME PARTY

昨日夜に、茅ヶ崎の「おじさんち」というハワイアン・バーで、
ウクレレ片手に1920'の古いジャズナンバーを歌うJANET KLEIN さんの
来日公演に先がけたウェルカムパーティがありました。

僕がやっているMs.Charleston&herRobinHoodBoysを通じて
招聘元の方と知り合いになり、お呼ばれしました。

JANETとご主人のROBERTさんを囲むこの会にはお仕事関係の人は
ほとんどいなく、ごくごく内輪の方たちで、アットホームな雰囲気の中、
地元のハワイアンバンドの演奏を聞きながらのパーティ。
お食事会と言ったほうが近いかもしれません。

縁あって以前にMs.Charleston~の音源をJANETさんに
聞いていただいていたので、色々と会話は弾み、
バンド演奏が2ステージ終わったところで、
僕とVo.メグミさんで4~5曲披露させてもらいました。
さすがJANETさんのパーティだけあって、皆さんに気に入っていただけて
大盛り上がりでした♪

JANET夫妻には「どこでそのギタースタイルを勉強したの?」
と不思議がられます。

そして話はここで終わりません。
3ステージ目のバンド演奏が終わると、会場の全員のリクエストで、
JANETさんにパフォーマンスしてもらうことに!
しかも周りの後押しで、僕が伴奏をすることに!!!

デュオで「I Wish I Were Twins」 「Shine」 を演奏しました。
その相変わらずキュートなJANET の歌にこの夜一番の盛り上がり。

そのまま全員で記念撮影をして最高の宴は幕を閉じました。
東京は24日の渋谷クアトロ公演。そこでの再会を約束して
家路につくのでした☆
[PR]
# by fumiclub | 2006-04-16 11:31

レストラン演奏終了!

昨日で、二ヶ月間通ったレストラン演奏が終わりました。
こんなに一つの場所に短期間に通うことはないので、
最終日は感慨深いものがありました。
たくさんの方々のサポートのおかげで、二ヶ月間気持ちよく
通い演奏できました。感謝。

イベント自体は今日が最終日で、お客さんで遊びに行ってきました!
要はレストランなんで、食べながら演奏を聞くと。なんだか照れくさかったです。
料理は地中海料理のビュッフェで、最高に贅沢な時間を過ごしました♪

その後はパークハイアットホテルに直行して
クラリネットの小嶋和久さんと初共演。
お話しするのもほとんど初めてで、軽い打ち合わせの後
お互い共通のレパートリーを演奏。
リラックスして気持ちいい演奏ができました。

帰りは小嶋さんの車で送ってもらい、長い一日が終了。

明日は、ついに演奏で必要になったので、初めてタキシードを買いに行く予定。
どんな姿になるのかなあ?今後着る機会増えるようがんばります。
[PR]
# by fumiclub | 2006-04-04 23:50

最近の動向は

もうあっという間に4月になりますねえ。
今月はまだ一回しか日記書いてないので、
あわてて書き込んでいます。

2、3月は月の半分をレギュラーのレストラン演奏で過ごし、
残りはほぼそれ以外の演奏で、という強気な予定だったので、
2月に入ったあたりからあまり記憶がなく今に至る感覚。

しかし、あと数日でレストラン演奏も終わり。4月3日が最終日です。
3月で終わりならキリがいいのですが、微妙に卒業シーズンに
乗り遅れた感じですね。

4月は少しゆったりした日々になりそうです。この季節は曲作りに最適な気候。
腰を落ち着けて音楽に向き合いたいです。

5月以降はまた別のイベント出演が決まっていて、なんと
マヌーシュ・ジャズを一年間演奏するという鼻血が出そうな企画に
スケジュールを調整しつつ週2~3日出演の予定です。

日記というより活動報告書になってしまいましたが、これからもよろしくです♪
[PR]
# by fumiclub | 2006-03-30 22:50